洋服の断捨離を行う際のコツ

ミニマリズム

みなさんこんにちは。ジュンペイです。

いきなりですが、みなさんは何着、洋服を持っていますか?

10着の方もいれば、50,100着など人によって変わってくると思います。

しかし、あまりにたくさんの洋服を持ちすぎて、

Aさん
Aさん

洋服が多すぎるから、断捨離したい!

などと感じたことはありませんか。

そこで今回は、洋服をほとんど持っていない私が、おすすめする洋服の捨て方や、基準について解説いたします。

ちなみに私は、1年間の間、合計11着の洋服で1シーズンを過ごしています。

内訳としては、

  • Tシャツ:5枚
  • ジーンズ:2本
  • トレーナー:3つ
  • 厚めのダウン:1つ

もちろん、パジャマも2~3セットほど持っていますが、お出かけするときは上記のみで着回しています。

そんな私も以前は、大量の洋服を持っていました。

しかし、ミニマリストに目覚め、断捨離をした結果、ここまで減らすことができました。

そこで今回は、私が実際に断捨離した際に、意識したことや、洋服の捨て方を述べていきます。

こんな人におすすめ
  • 洋服を捨てたいけど、どれを捨てればいいかわからない
  • 洋服の断捨離をしたいけれど、どのようにすればいいのかわからない

いきなり捨てるのではなく、3つのステップを踏んでみよう

まず、やみくもに洋服を捨てるのではなく、1つずつステップ踏んでいくことをおすすめします。

そのようにすることで、断捨離がスムーズに行われるからです。

私がおすすめするステップは3段階です。

  1. まず、1年以内に着たものと着ていないものに分ける
  2. 着ていない服を見て、店頭に並んでいたらまた買うか?と考える
  3. 売る、譲るのではなく捨てる!

以上の3ステップです。

1つずつ解説していきます。

1年以内に着ていないものを洗い出す

まず第1ステップとしておすすめするのは、1年以内に着ていないものを全部集めることです。

初めて断捨離を行う際は、かなり抵抗感があり、もったいないと感じてしまうことが多いです。

そのため、いきなり捨てるのではなく、まずは分別しましょう。

多くの場合、1年間着なかったものは、おそらく捨てても問題はないでしょう。

とはいっても、抵抗感があると思うので、まずは捨てるのでなく、分別です。

ここで時間をとらずに、パパっと分けましょう。

分けるのであれば、捨てるわけではないので速やかに作業が進むと思います。

ポイント

・スピーディーに行いましょう!

集められた服が店頭に並んでいたら買うかどうか考えてみる

2つ目のステップとして、「もしその集めた服が店頭に並んでいたら、買いますか?」と自分に問いかけてみてください。

ここでのポイントは以下の通りです。

ポイント
  • スピーディーに行いましょう(笑)

断捨離作業は、途中でめんどくさくなってしまいがちです。

そのため、短時間で作業を終わらせることが重要です。

売る、譲るなどではなく捨てる

2つのステップを終えて、残ったものを捨てましょう。

ここでのポイントは、それらを売ったり、譲ったりするのではなく、ゴミ箱に捨てましょう。

というのも、

  • メルカリなどで売るとなると、面倒臭くなってやらないケースが多い
  • 譲る場合でも、それなりのエネルギーがいる

といった理由からですね。

集めてみると、思ったより服があって、驚くかもしれませんね(笑)

所感

いかがだったでしょうか。

本日は洋服の断捨離の仕方について、解説しました。

断捨離をすることに抵抗がない人や、捨て方を分かっている人であれば、こんなに丁寧にステップを踏む必要はありませんが、多くの方にとって最適な方法だと思います。

何度も言いますが、ポイントはスピーディーにやることです。

捨てる際は、胸が痛むかもしれませんが、それと同時にスッキリした気持ちになると思います。

いらないモノを減らすとあなたの時間が増え、人生を豊かにすることができます。

もし興味があれば、覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました